医師のゲーム制作カルテ

Unityでゲームつくるよ!

今日はGame A Week 3週目のしめきりですが

駄目でした…

ゲームの基礎のノベルを作ろう!→宴3をインストールしたら超便利!→使いこなしたい!→ネタがないからプリパラロンパ作って練習しよう!

という謎の流れで最終章だけ再開しました。

 

まあずっと完成しないまま浮いてたので丁度いいから終わらせますか…

そもそも今週始めからして全くGame A Weekのネタがなかったのが敗因です

 

https://i.imgur.com/U2Hh7cV.jpg

Game A Week 2週目 Dancing Minesweeper

Game A Weekって何?

1. 毎週ゲームを作る 月曜日の12:00にプロジェクトを開始し、日曜日の23:59までにゲームを作り上げること
2. 毎週ゲームをリリースする 作ったものは例えクソゲーでもWebサイトを通じて配信を行うこと。さらにSNSやブログなどでそれを告知すること
3. 作り終えたゲームは修正しない ゲーム完成後は手を入れてはダメ。どうしても修正したい場合は Game A Week 終了後に行うこと
4. パターン化を避ける 毎週、異なることにチャレンジすること。例えばデジタルゲームを作る代わりにアナログゲームを作る、アクションゲームではなくパズルゲームを作る、など
5. 振り返りを行う 作って良かったところ、間違っていたところ、興味深かったところ、などをまとめておきます。作ったゲームは何人かにプレイしてもらい感想を聞くこと。そしてその感想をまとめておくこと

15週間でクソゲーを20本作って得たもの/@2dgames_jpより引用

2週目のゲーム公開

f:id:namarinamari:20181001003039j:plain

Dancing Minesweeper | 無料ゲーム投稿サイト unityroom

地雷が動き回るマインスイーパーです。

良かった点

  • 前回同様、まだUnity触って1ヶ月なのでとにかく何もかも勉強になっている。特にEvent Systemサポートのクリック処理あたりは全く知らなかった
  • 期限があるために集中できる環境が強制的に作られた。この1週間ほぼゲームしか作ってない。我ながら1週間にしては機能が詰まりまくってると思う(自画自賛
  • 期限があるために妥協できた。
  • 今回は間に合ったよ!やったぁ!
  • 1週間制作なのにグラフィックに手間がかかっている

 悪かった点

  • 制作順番がおかしい。1週間制作なのにグラフィックから作り始めちゃ駄目である。まず「既存の素材でいいから遊べるゲームの雛形を作ること」から始め、そのスクラップアンドビルドを繰り返して面白さを確保していく。(イテレーションを回すとか、プロトタイピングとか言うらしい)今回、地雷が動き回る実装をしたのが最終日である。面白いか分かるわけないよね。
  • スケジュール管理がおかしい。最終日に朝から晩まで作りっぱなしだったが、ブラウザ動作ではじめてのunityroomなんだから妥協してでも早めに完成させてテストすべき
  • 実際ツイート機能が動いてない
  • まだBGM音量がおかしいらしい。やっぱり筆者の耳は壊れてる

 追記

せっかく2バイト文字対応のC#なので日本語識別子を試してみました。

f:id:namarinamari:20181001020155j:plainすっげぇキモいデザインだな!(慣れると意外と便利)

 

 

公開して客観的な意見を得るのがいいらしいです! コメントでもTwitterでもいいので感想ください!

Game A Week 1週目

Game A Weekって何?

Game A WeekとはRami Ismailさんによって考案された、1週間に1回ゲームを公開するゲーム開発者の訓練方法です。毎週新しいゲームを作って絶対に公開する遊びです。細かい定義は以下のリンク様が詳しいです。

Game A Weekの定義まとめ/2dgames.jp

たった1週間でゲーム制作…絶対クソゲーになるじゃん…そう思いませんか? 少なくとも筆者は思います。

なんでGame A Weekすんの?

ここで筆者のことを話させてください。6年に渡るゲーム製作の過去にもかかわらず、完成させたゲームは一つだけ。動画なら完成させられると思いきや、1動画を作るのに3ヶ月かかる…

そんな筆者の何の得にもならない完璧主義、凝り性をクソゲー公開で徹底的に破壊するための公開処刑です。(あとUnity初めてなので慣れるためです。)

1週目のゲーム公開

f:id:namarinamari:20180923223124p:plain

 

ゲームのリンク→Unity WebGL Player | Ping Pong Combat

 音楽:音の園  http://oto-no-sono.com

アイテム要素のあるピンポンゲームです。マウスで移動です。クリックなどは使いません。ゲームクリアもありません。

良かった点

  • 2週間で入門書(Unityの教科書)読んだ後いきなりGame A Week始めたので、すっごい基本操作の勉強になった
  • 当たり判定や物理演算、その適用すべきものに関して分かった。いや3Dゲームとか初めてですし…
  • パーティクルでテンションが上がった。既に完成してるものを適用するだけでお手軽リッチになるの最高!
  • 妥協ができた。オンライン対応とか恐ろしいこと想像してた

悪かった点

  •  製作期間が1週間を60分ほどオーバーした。さらにこのブログの立ち上げとかに1日かかってる。これからはゲームの記事一つ書きつつコンスタントに1週間ペースとは…
  • クリア画面作る時間なかった。しゃーなし
  • これ3Dである意味がないよね
  • BGM音量がおかしいらしい。おそらく筆者の耳が壊れている

 

公開して客観的な意見を得るのがいいらしいです! コメントでもTwitterでも脳波でもいいので感想ください!

はじめに

このブログはゲーム開発の技術共有、ゲーム公開を目的としています。筆者はなまり、ハートマークの似合う重金属です。職業は医師です。医者って言ったほうがアクセス増えるかと思って…

筆者のゲーム開発歴は2012年より開始して、メイン環境はC言語+DXライブラリでした。ちょっと学んだツールとしてenchant.js、Wolf Editor、Unreal Engine4があります。作ったゲームはいつかこのブログに列挙したいと思います。(恐ろしいことに大概まともに完成させていない)

ちなみにここ1年間は動画製作にハマってました。内容がひどいので見なくてもよいです。この動画のせいで自分の職業がド級のマイナスになりました。炎上してしまう!